パーティードレス

女性の第一礼装として、黒留袖や振袖がありますが、場所によってはそぐわない場合があります。例えば、結婚式の披露宴に着物は違和感が無いですが、二次会や最近多くなった1.5次会と呼ばれるカジュアルな結婚式には少し堅苦しい印象になってしまいます。もちろん親族の方でしたら別ですが、友人として参列する場合はもう少し砕けた衣装を選んでも良いと思います。その様なときに、パーティードレスが役に立ちます。華やかでありながら動きやすく、堅苦しさが少なくなります。ただ、ドレスにもルールやマナー、格がありますから注意が必要です。高級ホテルで行われるような結婚式やパーティーは、フォーマルを選ぶことが多いです。結婚式では純正装であるセミフォーマルでも良いという雰囲気もありますので、厳密ではないようです。

場所だけでなく時間によってもパーティードレスの種類がある

フォーマルやセミフォーマルと呼ばれるパーティードレスを選んで着る機会は、やはり結婚式が多いと思いますが、昼と夜ではドレスコードが違います。フォーマルの場合、昼はアフタヌーンドレス、夜の場合はイブニングドレスがフォーマルとなります。セミフォーマルの場合は、昼はセミ・アフタヌーン、夜はカクテルドレスと区別がありますので、式の時間を考慮してドレスを選ぶ必要があります。また、「平服でお越しください」とされているパーティーに出席する場合着ていく服は、普段着ではなく略礼装、もしくはインフォーマルとよばれる華やかさがあるワンピーススーツやスカートスーツとなります。これは決して普段着のスカートという意味ではないので注意が必要です。ここからカジュアルエレガンスやスマートエレガンスというドレスコードが出てきますが、実は雰囲気での判断であり明確な基準はないのでお店で相談されるのが無難です。

どの種類のパーティードレスを着ればいいかわからない時は

最近は、レンタルでドレスを貸してもらえるサービスもありますから、早めに準備をすれば自分にあうパーティードレスを選ぶことができます。ただ結婚式のようにはっきりと雰囲気がわかる場所でなく、会社のパーティーや学校の謝恩会となると、どの程度の装いで行けばいいのか迷います。そのようなときは、先輩や先生、去年のパーティーの写真などを見せてもらうと参考になると思います。ただドレスに詳しくなければ、結局どのドレスコードだったのかとわからなくなると思います。参考程度かもしれませんが、開催する場所のドレスコードと検索をしてみると、どのような場であるのかわかることがあります。特にホテルなどは明確に書かれていることがありますので、大変助かります。それでもわからない場合は電話などで確認をとってみるのも良いと思います。