パーティードレス

日常生活を送る上で、パーティーという非日常的なシーンに遭遇することがあります。パーティードレスと呼ばれる服装のルールがありますので、パーティーに合わせたドレス選びをしなければなりません。参加するパーティーによってドレスコードは変わりますので、パーティーの雰囲気をこわさないようシーンに合った基本的な服装のマナーを知っておきましょう。日本のパーティーでは、主にセミフォーマルかインフォーマルでの服装を着る機会が多いと思います。どちらにせよ、基本的なマナーは守る必要がある為、その場に応じたドレス選びをするようにしてください。例えば、結婚式の披露パーティーの場合は、花嫁の着る白色のドレスを着ることはNGになっていますし、サンダルやミュールなどの履物は、基本、パーティーではNGとなっております。

時間帯によって着るパーティードレスも違う

必ずしもパーティーは昼間に開催されるわけではありません。夜行われるパーティーもあります。実は時間帯によって着るパーティードレスが違います。昼間のパーティーならアフタヌーンドレス、夜のパーティーならイブニングドレスやカクテルドレスを着用します。そして、夜の場合は照明が当たる為、キラキラと輝くアクセサリーを身に付けることで華やかさに拍車がかかります。ですが、日本におけるパーティーではあまり露出の高いドレスを身に付けるのはNGです。ノースリーブのドレスを着るのがダメなわけではありませんが、ショールやボレロを羽織らなければなりません。あと、あまりにも短いスカート丈はNGです。膝丈のスカートを履くのがマナーです。パーティーでは決して下品にならず、上品にドレスアップすることに心がけてください。

パーティードレスに合った小物選びをしよう

フォーマルなパーティードレスは、ヒールのある靴を履くのが良いです。ヒールがある靴と言っても、サンダルやミュールなどのかかとない靴はNGなので、きちんとかかとのあるパンプスを履くようにしましょう。ヒールが苦手という人は、パーティー会場で履きかえられるように持ってくるか、5cmぐらいのヒールのパンプスを選ぶようにしましょう。あと、結婚式では動物の死を連想させるような小物は絶対にNGなので、クロコダイルのパンプスやファーのついたボレロなどは避けてください。あと、パーティーバックは全体のアクセントになるようなものを選びましょう。あと、パーティーバックは小ぶりなものが多いので、入れるものは最低限のものにしましょう。財布や少しのメイク道具程度しか入らないでしょう。小ぶりなバックをパンパンにして持ち歩くことだけはしないようにしましょう。