パーティードレス

パーティーの種類によって、パーティードレスのルールは異なります。特に覚えておきたいのは結婚式のゲストで呼ばれた時のルールです。 まず色についてですが、ウエディングドレスと同じになってしまうので、白は絶対に避けましょう。また薄いクリーム色などのホワイト系のドレスも照明の具合によっては、白に見えてしまうこともあるので、できれば控えた方がいい色です。黒や紺などの暗めの色でアクセサリーやバッグ、靴などを少しだけ華やかなものにするぐらいのコーディネートがおすすめです。また、肌をあまり見せないドレスにすることも大切です。もし、露出度の高いドレスであれば、ボレロやショールといった羽織を着用するといいです。丈も膝少し上ぐらいの短すぎないものが、品も良く見えます。ファーや毛でできた素材が入っているものは殺生をイメージさせるのでやめておきましょう。

パーティードレスのおしゃれな着こなし方法

パーティードレス自体は結婚式でもビジネスパーティーでも華やかな色よりも落ち着いた色の方が多いため、おしゃれをする際は小物にこだわるといいです。ストッキングはベージュにさりげなくラメが入ったものにしたり、ヘアアクセサリーやイヤリングを鮮やかな色や大ぶりのものでアクセントにしたりするとドレスとのバランスもとれます。靴はヒールがあまり高くないものを選んだ方が無難です。ヒールが低すぎるのもカジュアルに見えてしまうので、5~7センチくらいのものが、歩きやすさもあるのでいいでしょう。また、ワンピースタイプのドレスの多い中で、あえてパンツスタイルを選ぶのもおすすめで、スタイリッシュにかっこよく見えるので、周りとの差をさりげなくつけられます。ヘアアレンジはドレスに合わせていつもより凝ったアップスタイルにすると華やかさを出せて良いでしょう。

パーティードレスの失敗しない選び方

パーティードレスはお店と通販で購入する方法がありますが、失敗しない購入の仕方はお店での購入をおすすめします。お店だと実際の素材を見て、試着もできるので自分に似合っているか、サイズが合っているかどうかもその場で確かめて決めることができます。通販だとサイト上にサイズの記載があったりドレス写真も載っていたりするのですが、実際見るのとでは違うこともあります。ただ、通販では一度に多くの種類のドレスを見られて、値段の比較検討もしやすいというメリットもあります。また、通販ではドレスとアクセサリーなどの小物類がセットで売られていたりもするので、買い物に行く時間の内科方には向いている購入方法です。ドレスはもしお色直しの花嫁のドレスの色がわかっていれば、その色も避けて、落ち着いた色でも刺繍や形にこだわりのあるものにするとおしゃれに見えます。