パーティードレス

結婚式などに参加する時、女性ならほとんどの人がパーティードレスを着用しますが、主役は新婦とは分かっていても自分もやはり可愛く見せたいものです。しかし、自分の好みである「好きな服」と、意識はしていないけど「似合う服」というのは、実は結構違っていたりするので、自分がどんなドレスが似合うタイプなのを先ずは把握すると頃から始めます。自分に似合うパーティードレスなら普段の2倍以上魅力を引き出せますし、反対にあまりに合わない物を選んでしまうと魅力は正直半減してしまいます。では基本的なドレスの選び方ですが、自分の顔立ちとドレスの色の濃淡を合わせる事が基本となります。簡単に言うと顔立ちがソフトで柔らかな方はドレスの色合いも淡い色を選び、反対に顔立ちがシャープではっきりした方はドレスの色合いも濃い色を選ぶのです。

大きく分けると3つのタイプに分けられる

必ずしも3つのタイプの中に当てはまらないのでは、と思う方もいるかも知れませんが、ソフトで柔らかい顔立ちかシャープではっきりした顔立ちに、中間のどちらの要素も平均に含んだ顔立ちのいずれかに大体当てはまるものです。そうして3つに分けた上でどの様なパーティードレスが似合うのか、改めて説明していくと始めのソフトな顔立ちの方には、アイボリーやベージュなどの明るめのベーシックカラーがおすすめです。更には赤.ピンク.黄色.オレンジなど印象としてキュートな印象の色合いが魅力を引き立たせるはずです。次にシャープな顔立ちの方には、青.緑.黒.シルバーに白や濃い緑などが魅力を引き出してくれます。そして中間の顔立ちの方はピンクベージュや茶色、ゴールドに加えてタイプによってはオレンジや黒、白が似合う方もいます。

メイクは肌の色によって変えるといい

せっかく似合うパーティードレスのタイプを把握したので、合わせてメイクも同じように肌の色味に合うメイクをした方が更に可愛く見えます。そこでメイクは肌の色が暖色か寒色のどちらに寄っているのかを把握しなくてはいけません。肌の色味によってファンデーションの色も変わってきます。暖色系の黄色やオレンジ系の色の方には、ファンデーションもベージュ系やオークル系もしくは黄色からオレンジの含まれたものを選びます。反対に寒色系の青や紫系の色の方は、ベージュやオークル系は同じですがこれに加えて赤やピンクの色味のあるものを選ぶと肌が明るく健康的に見えます。併せてリップの色は暖色系の方には黄色系やオレンジ系のもの、寒色系の方には青みのある色や紫が入った物を選ぶと唇だけが浮く事もありません。

商品到着後3日以内であれば、返品・交換を受け付けます。 プレゼントにもピッタリ!ギフトラッピングも324円(税込)で承っています。 お客様に選ばれ続けるロングセラー商品で、楽天のランキングも数々受賞しています。 1枚でコーデ完成!最旬のワンピースでトレンド感も手に入れられます。 20代~50代までそれぞれの年代に合わせたおすすめのドレスも提案。 RUIRUE BOUTIQUEは、華やかなパーティードレスが揃っています